要所で得点、ワイヴァンズ勝利 バスケ男子B2・奈良に80-68

2023/11/6 09:33
〈奈良―山形〉第3クオーター、シュートを決める山形のティモシー・ホリフィールド=奈良市・ロートアリーナ奈良

 バスケットボール男子・Bリーグ2部は第6節最終日の5日、各地で7試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは奈良市のロートアリーナ奈良で奈良(西地区)と対戦し、80―68で勝利し、連敗を2で止めた。通算成績は6勝5敗、順位は4位のまま。

 山形はジェームズ・ベル、村上慎也、白戸大聖、ティモシー・ホリフィールド、工藤貴哉が先発。第1クオーター(Q)は19―15とし、第2Qには斎藤瑠偉(羽黒高出)、ホリフィールドの3点シュートなどで42―29とリードを広げて折り返した。後半も外角からのシュートを積極的に放ち、要所で決めた。試合を通して3点シュートを15本沈め、成功率は40.5%だった。

 ホリフィールドが19得点13リバウンド、マイケル・フィンケが14得点、ベルが13得点だった。

 次節は11、12の両日、千葉市の千葉ポートアリーナでアルティーリ千葉と対戦する。

今日の守備を常にしたい

 石川裕一ヘッドコーチの話 (相手の得点を)70点以下に抑えられたことが、勝利につながった。今日ぐらいのディフェンスをスタンダードにしないといけない。リズムの良いオフェンスで、良いショットを打つところも突き詰めないといけない。

山形ワイヴァンズ

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]