ワイヴァンズ、千葉に敗れる 後半に崩れ、73-100

2023/11/12 08:43
〈A千葉-山形〉第1クオーター、ゴール下へボールを運ぶ山形の村上慎也=千葉市・千葉ポートアリーナ

 バスケットボール男子・Bリーグ2部は第7節第2日の11日、各地で6試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは千葉市の千葉ポートアリーナでA千葉と対戦し、73-100で敗れた。通算成績は6勝6敗、順位は4位のまま。

 山形はジェームズ・ベル、村上慎也、白戸大聖、ティモシー・ホリフィールド、工藤貴哉が先発。第1クオーター(Q)はターンオーバーから得点を許し7点差を付けられた。第2Qは反撃に出ると、ファウルで得たフリースローも着実に決め、44-44で折り返した。後半に入り第3Qはシュートの成功率が落ち、リバウンドも奪われて14点を引き離されると、第4Qは反撃の糸口をつかめなかった。

 ホリフィールドが17得点、ベルが13得点、マイケル・フィンケと村上がそれぞれ11得点だった。

 12日は同会場でA千葉と再戦する。

やってはいけないミスした

 石川裕一ヘッドコーチの話 第3クオーターに、やってはいけないミスをして一気に14点差まで広げられた。(勝負の分かれ目は)そこだったと思う。一人一人の能力が高いチームに対して勝つチャンスを失ってしまう。しっかりと見直していく。

山形ワイヴァンズ

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]