カンピオン監督作品など選出 ベネチア映画祭コンペ部門

7/26 19:41

 9月1日にイタリアで開幕する第78回ベネチア国際映画祭で、最高賞の金獅子賞などを競うコンペティション部門にジェーン・カンピオン監督やペドロ・アルモドバル監督らの新作が選出された。映画祭事務局が26日発表した。コンペ部門に日本作品は選ばれなかった。

 オープニング作品はアルモドバル監督の「マドレス・パラレラス」。コンペ部門の審査員長は韓国のポン・ジュノ監督が務める。

 日本関連では、斬新な作品を集めたオリゾンティ部門(長編)に湯浅政明監督のアニメ「犬王」が選ばれた。映画祭は11日まで開催。新型コロナウイルス対策のため、昨年に引き続き観客数は制限する。(共同)

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]