伊のベルルスコーニ元首相が入院 コロナ後遺症検査か

8/27 19:44

 【ローマ共同】イタリアのベルルスコーニ元首相(84)が北部ミラノの病院に26日から入院していたことが分かった。地元メディアが27日報じた。昨年9月に感染した新型コロナウイルスの後遺症を調べる検査のためとの情報がある。

 同氏は未成年者買春に関する過去の裁判で関係者を買収し偽証させたとして起訴されているが、今年に入って入退院を繰り返し、公判をたびたび欠席している。9月上旬にも公判が予定されている。

 2006年に心臓にペースメーカーを付ける手術を受けたほか、16年には心臓大動脈弁の手術を受けている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]