俳人の深見けん二氏死去、99歳 句集「菫濃く」で蛇笏賞

9/17 17:45
 死去した深見けん二氏

 深見 けん二氏(ふかみ・けんじ=俳人、本名謙二=けんじ)15日午後10時50分、誤えん性肺炎のため埼玉県所沢市の介護施設で死去、99歳。福島県出身。葬儀・告別式は20日正午から所沢市旭町22の8、昌平寺で。喪主は長男俊一(としかず)氏。

 10代から俳句を作り続け、高浜虚子や山口青邨に師事。91年に俳誌「花鳥来」を創刊、主宰した。92年、句集「花鳥来」で俳人協会賞、14年に句集「菫濃く」で蛇笏賞。評論集に「虚子の天地」。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 死去した深見けん二氏
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]