寂聴さん、ふるさと徳島で眠る 生誕100年の納骨式

5/15 16:58
 徳島市の井戸寺で営まれた瀬戸内寂聴さんの納骨式=15日

 昨年11月に99歳で亡くなった作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの納骨式が、生誕100年となる15日、出身地・徳島市の井戸寺で営まれた。瀬戸内さんは生前、住職を務めた岩手の天台寺、自ら開いた京都の寂庵、そして徳島の3カ所での分骨を切望していた。

 瀬戸内さんは実家の神仏具店を訪れる客と話をしたり、徳島で精力的に文化活動を行ったりするなど、「ふるさとが大事だったのだろう」と関係者は振り返る。

 式には内藤佐和子徳島市長や抽選で選ばれたファンらも参列。読経や焼香の後、骨つぼは住職らから瀬戸内さんの姉の孫瀬戸内啓資さん(57)に渡され、井戸の形をした納骨堂に納められた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 徳島市の井戸寺で営まれた瀬戸内寂聴さんの納骨式=15日
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]