ウクライナ歌手、慰霊碑に献花 母国の平和願い、広島訪問

5/15 17:41
 広島県庁で湯崎英彦知事(右)と会談する、ウクライナで国民的歌手と呼ばれるチーナ・カーロリさん=15日

 ロシアの侵攻による窮状を訴え人道支援を求めるため、ウクライナで国民的歌手と呼ばれるチーナ・カーロリさん(37)が15日、広島市の平和記念公園を訪れた。母国の平和を願って原爆慰霊碑に献花し、原爆ドームや原爆資料館を見学したほか、湯崎英彦広島県知事を表敬訪問した。

 知事とは県庁で現地の状況などについて会談し、カーロリさんは「核戦争を受け入れることを許してはいけない。(ロシアによる)暴挙を止めなければ、さらに多くの人々の命が失われていく。平和の中心地である広島から平和を呼びかけたい」と訴えた。

 楽天グループの三木谷浩史会長兼社長の招きで10日に来日した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 広島県庁で湯崎英彦知事(右)と会談する、ウクライナで国民的歌手と呼ばれるチーナ・カーロリさん=15日
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]