飲食、宿泊業に厚生年金拡大検討 25年法改正目指す、経営反発も

6/5 15:35
 多くの飲食店が並ぶ大阪・ミナミの道頓堀=21年9月

 政府は夏以降、飲食、宿泊業について、従業員の厚生年金加入を義務付ける個人事業所の範囲を拡大する制度改正の本格検討に入る。2025年の通常国会で必要な法改正を目指す。厚生年金が加われば年金額が手厚くなる。老後の生活安定を狙う。保険料は労使折半で負担が増す経営側の反発が予想される。関係者が5日、明らかにした。

 岸田政権が掲げる政策「勤労者皆保険」の一環。近くまとめる「骨太方針」の原案に、加入義務を課す事業所の見直し検討が盛り込まれた。就労を促し人手不足改善につなげる思惑もある。飲食、宿泊業はコロナ禍で打撃を受けており、事業者の理解が実現の鍵となりそうだ。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 多くの飲食店が並ぶ大阪・ミナミの道頓堀=21年9月
 厚生年金の加入義務
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]