トルコ9月の物価、83%上昇 エルドアン大統領が利上げ反対

10/3 18:08

 【イスタンブール共同】トルコ統計局が3日発表した9月の消費者物価指数は、前年同月比で83・45%上昇した。インフレ抑制には政策金利の引き上げが必要とされるが、景気浮揚を優先するエルドアン大統領が反対。中央銀行は9月22日、2会合連続で利下げを決め、通貨リラの下落傾向が続いている。エルドアン氏は演説で「最大の敵は金利だ。もっと下げなければならない」と語った。

 8月は前年同月比80・21%の上昇で、約24年ぶりの高い伸び率が続いている。学者らでつくるグループの調査によると、9月は186%に達し、政府統計と大きく異なっている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]