金属労協、ベア要求1万円以上 24年春闘方針

12/6 17:23
 記者会見する金属労協の金子晃浩議長=6日午後、東京都江東区

 自動車や電機などの産業別労働組合(産別)でつくる金属労協は6日、2024年春闘で、基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)要求を「月1万円以上」とする闘争方針を決定した。物価高が続いていることを踏まえ、23年春闘より4千円増額し、ベア要求を始めた1998年以降で最高額となった。

 都内で記者会見した金子晃浩議長は、海外と比べて賃金の停滞が長期化し「日本全体が地盤沈下している」と指摘。製造業の基幹となる業界の労組が高い目標を掲げ「引っ張っていかなきゃいけない」と強調した。

 闘争方針には、中小企業の賃上げ原資を確保するため、大手企業との取引価格の適正化を進めることも盛り込んだ。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見する金属労協の金子晃浩議長=6日午後、東京都江東区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]