N―BOX4カ月連続首位 11月販売、新型投入効果で

12/6 19:07

 11月の車名別国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N―BOX(エヌボックス)」が前年同月比20・7%増の2万1097台で、4カ月連続のトップとなった。全面改良した新型を10月に発売した効果で首位を維持した。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。

 2位はトヨタ自動車の小型車「ヤリス」で30・5%増の1万6895台、3位はダイハツ工業の軽「タント」で6・6%増の1万5988台だった。

 4位のトヨタ「カローラ」は30・8%増の1万3313台。スズキの軽「スペーシア」は11月下旬に新型を投入し、1万1407台で5位につけた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]