日産の内田社長「EV戦略強化」 ルノーと資本関係の対等化で

12/6 20:11
 パリで記者会見する日産自動車の内田誠社長兼CEO(右端)とルノー、三菱自動車の首脳ら=6日

 日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は6日、フランス自動車大手ルノーなどとパリで共同記者会見を開き、11月に資本関係の対等化が完了した両社の提携関係に関し、電気自動車(EV)などの分野を念頭に「戦略達成がさらに強化され、助けられる」と述べた。

 日産の取締役を兼ねるルノーのジャンドミニク・スナール会長は、三菱自動車を含めた3社連合に関し「(技術やサービスを)1社が主導し、他社が無償で活用できる」と利点を強調した。

 また、1回の充電でEVが走れる距離を伸ばすと期待され、日産が開発中の「全固体電池」について「他のアライアンス(提携)メンバーが利用できる」と語った。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 パリで記者会見する日産自動車の内田誠社長兼CEO(右端)とルノー、三菱自動車の首脳ら=6日
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]