中国ジェット機、海外で初披露 欧米対抗アジア売り込みか

2/24 15:24
 海外で初披露されたジェット旅客機「C919」=20日、シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】中国国有企業、中国商用飛行機(COMAC)は24日までに、シンガポールで開催中の航空展示会「シンガポール・エアショー」にジェット旅客機「C919」を出展した。海外での実機の展示は初めて。欧米に対抗しアジアの航空会社へ売り込みを図りたい考えだ。

 C919は中国初の国産中型ジェット旅客機で、2023年5月に中国東方航空が国内で運航開始した。現在、中国国内で4機が運用されており、飛行実績を積んでいる。客席数は最大192席で航続距離は約5555キロという。

 広報担当者は容易ではないとしつつも「海外市場にトライしたい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 海外で初披露されたジェット旅客機「C919」=20日、シンガポール(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]