鹿児島県が中国で焼酎の試飲会 販路拡大へアピール

7/27 19:42
 27日、鹿児島県が開いた試飲会で、オンラインで焼酎の特徴を説明する蔵元=中国江蘇省蘇州市(鹿児島県上海事務所提供・共同)

 【上海共同】鹿児島県と県酒造組合は27日、中国江蘇省蘇州市の日本料理店で、中国の輸入業者や卸業者らに県産の焼酎を振る舞う試飲会を開いた。蔵元とオンラインで結んで魅力を説明し、日本酒や日本産ウイスキーに比べ中国向け輸出が伸び悩む焼酎の販路拡大を図った。

 中国で販売する商品の幅を広げようと、県が中国に展開していない蔵元などを募集。試飲会では浜田酒造(いちき串木野市)や薩摩酒造(枕崎市)など4蔵元が、計8種の特徴を解説した。30人以上が参加し、県産ブリの刺し身やキビナゴのフライ、さつま揚げとの相性も確かめた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 27日、鹿児島県が開いた試飲会で、オンラインで焼酎の特徴を説明する蔵元=中国江蘇省蘇州市(鹿児島県上海事務所提供・共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]