華やかな山車、冬の街彩る 秩父夜祭、見物客が歓声

12/3 19:14
 秩父夜祭で秩父神社を出発する山車=3日夜、埼玉県秩父市

 埼玉県秩父市で3日、京都の祇園祭、岐阜の高山祭とともに日本三大曳山祭りとして知られる秩父夜祭が開かれた。大勢の見物客が訪れ、冬の街を彩る華やかな山車の行列に歓声を上げた。花火も次々と打ち上がった。

 ぼんぼりをともし、豪華な飾りを施した4基の「屋台」と2基の「笠鉾」と呼ばれる山車計6基が午後6時ごろ、秩父神社を出発。おはやしが鳴り響く中、武甲山の男神と秩父神社の女神が年に1度出会うとされる「御旅所」を目指した。

 秩父夜祭は約300年の歴史があり、2016年に「秩父祭の屋台行事と神楽」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 秩父夜祭で秩父神社を出発する山車=3日夜、埼玉県秩父市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]