NY株、7日ぶり反発 466ドル高、相場の底打ち期待

5/14 05:57
 ニューヨーク証券取引所のロゴ=3月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は7営業日ぶりに反発し、前日比466・36ドル高の3万2196・66ドルで取引を終えた。前日までの6営業日で2330ドル超下げたため相場の底打ちが期待され、割安感が出た銘柄が物色された。

 都市封鎖が続く中国・上海市が今月中旬までにコロナ新規感染者を3日連続でゼロにするとの目標を示し、達成後に制限を徐々に緩和できるとの見方を表明。中国の景気減速への過度な懸念が和らいだことも、買いを後押しした。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は大幅続伸し、434・04ポイント高の1万1805・00。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ニューヨーク証券取引所のロゴ=3月(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]