首相、岸田派離脱を表明 在任中に限定、会長は空席

12/7 19:01
 首相官邸で記者団の取材に応じる岸田首相。自民党岸田派を首相在任中は離脱する考えを表明した=7日午後

 岸田文雄首相は7日、自民党派閥パーティーで政治資金のキックバック(還流)があったとされる問題を巡り、自身が会長を務める岸田派を首相在任中、離脱する考えを表明した。官邸で記者団に「私自身が先頭に立って、信頼回復に向けて努力したい」と述べた。党役員を務める他の派閥会長については、派閥からの離脱を求めない。関係者によると、岸田派会長は空席のままとする。

 首相は21年10月に就任後も岸田派の会長を続けてきたが、派閥に向けられる世論の厳しい目を意識したとみられる。最近の内閣支持率が低迷する中、「政治とカネ」問題により民意のさらなる離反を招くと危機感を強めており、6日には派閥パーティー開催の当面自粛を党幹部に指示した。党内には「派閥離脱が遅すぎる」との不満も出ている。

 関係者によると、首相は6日に麻生太郎副総裁や茂木敏充幹事長ら党幹部との協議で、還流疑惑に関し「強い危機感を持って一致団結して対応してほしい」と呼びかけた。その上で「私自身が首相、党総裁の間は派閥を離れるのが適当だと判断した」と伝えた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 首相官邸で記者団の取材に応じる岸田首相。自民党岸田派を首相在任中は離脱する考えを表明した=7日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]