衆院政倫審、28日の開催見送り 与野党、公開巡り対立

2/27 21:48
 衆院政治倫理審査会の幹事会が行われる予定だった部屋の前には、「会議を開くに至らない」と書かれた看板が掲げられていた=27日午後、国会

 与野党は27日、自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院政治倫理審査会の開催に向けて協議した。公開の在り方を巡り対立し、先週大筋合意していた28日の開催を見送った。野党は政倫審に出席する安倍派、二階派の5人のうち、全面公開に応じる議員の審査を先行させる案に言及し、自民側の出方が焦点となっていた。2024年度予算案の年度内成立が確実となる3月2日までの衆院通過に向け、自民が描く国会日程に影響する恐れもある。

 自民の浜田靖一国対委員長は、29日以降の開催に努める考えを示した。与野党は政倫審を28、29両日に開く日程で大筋合意していた。実現できなければ、国民の政治不信を払拭する姿勢が不十分だとして自民への批判が高まる可能性がある。

 岸田文雄首相は「それぞれの議員が置かれた立場を省みて丁寧に説明するよう党として促していく」と官邸で記者団に強調。審議中の予算案の年度内成立を期すため「自民関係者に対し、最良の方法を取るよう指示している」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 衆院政治倫理審査会の幹事会が行われる予定だった部屋の前には、「会議を開くに至らない」と書かれた看板が掲げられていた=27日午後、国会
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]