山手線一部、始発から2日間運休 渋谷駅のホーム工事で内回り

10/23 11:20
 JR渋谷駅で作業が進む山手線内回りのホーム拡幅工事。右は外回りの電車=23日午前

 JR渋谷駅で23日未明、山手線内回りのホームを拡幅するため線路を切り替える工事が始まった。23日始発から24日終電まで、渋谷を挟む内回りの池袋―大崎間を運休する。JR東日本によると、線路切り替えに伴う山手線の運転見合わせでは同社発足後最長。計54万人に影響する見込みで、新型コロナウイルス禍前の利用状況で推計すると86万5千人に上る。

 JR東は23日午前、工事現場を報道陣に公開。隣の線路を電車が行き交う中、作業員が掛け声を合わせてレールを動かすなどしていた。

 JR東によると、工事後はホーム幅が約5メートル広くなる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 JR渋谷駅で作業が進む山手線内回りのホーム拡幅工事。右は外回りの電車=23日午前
 JR山手線渋谷駅の内回りホーム=22日午前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]