開会宣言で事前予定の音声流れず 五輪組織委が陳謝

7/27 14:12
 東京五輪で開会を宣言された天皇陛下。右は菅首相=23日夜、国立競技場

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは27日、五輪開会式で天皇陛下の開会宣言の途中で菅義偉首相が椅子から立ち上がったことに関し、事前に予定されていた起立を促す場内アナウンスが流れなかったことを明らかにした。東京都内で記者団に「関係者に混乱が生じ、申し訳ない」と述べ、陳謝した。

 高谷氏によると、天皇陛下の前にスピーチした国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が最後に天皇陛下に開会宣言を求めたため、アナウンスを流すタイミングを失ったという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 東京五輪で開会を宣言された天皇陛下。右は菅首相=23日夜、国立競技場
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]