核兵器「絶対悪」と再認識 広島市長が帰国報告会見

6/29 18:24
 記者会見する広島市の松井一実市長=29日午後、広島市役所

 オーストリアのウィーンで開催された核兵器禁止条約第1回締約国会議に参加した広島市の松井一実市長が29日、市役所で帰国報告の記者会見を開いた。参加国代表や世界の核被害者と接し「核兵器は『絶対悪』であり、被害を防ぐための手段は廃絶しかないと改めて感じた」と述べた。

 松井市長は平和首長会議の代表として会議でスピーチしたほか、非締約国としてオブザーバー参加したオーストラリアやノルウェーの代表と面会した。会見で松井市長は、参加を見送った日本政府に対し「議論の場に出ていかなければ対話は始まらない。参加こそ核兵器のない世界への重要な一歩だと理解してほしい」と求めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見する広島市の松井一実市長=29日午後、広島市役所
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]