「特定パーティー」収入52億円 自民議員が9割超、首相は7回

12/1 17:38

 国会議員の資金管理団体と関係する政党支部が提出した2022年分政治資金収支報告書から、1回で1千万円以上を集める「特定パーティー」の収入が少なくとも計52億円に達したことが1日、共同通信の集計で明らかになった。9割超を自民党議員が占め、岸田文雄首相は21年に開催した収入を含む7回分を報告した。

 自民の茂木敏充幹事長や林芳正前外相らも複数回の特定パーティー開催を記載した。自民の有力議員が政治活動の資金源として大規模パーティーに頼る構図が鮮明になった形だ。

 衆参両院議員の収入総額は271億1699万円。議員1人当たりの平均額は、衆院選が行われた21年比12・3%減だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]