辺野古の土砂調達先「適切判断」 首相、埋め立て巡り

2/26 20:55
 岸田文雄首相

 岸田文雄首相は26日の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、埋め立てに使用する土砂の調達先を適切に判断していく考えを示した。沖縄戦で激戦地となった沖縄本島南部の土砂を埋め立て用に調達すべきではないとの赤嶺政賢氏(共産)の訴えに対する答弁。

 首相は土砂の調達先に関し「県内外に複数の候補地がある中、現時点では確定していない」と説明。その上で「沖縄県では先の大戦において悲惨な地上戦により多くの住民が犠牲になり、今もなお戦没者の遺骨収集が進められている。こうした事情も十分踏まえ、防衛省が調達先を適切に判断していく」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 岸田文雄首相
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]