インフルエンザ、3週間ぶり減 定点26人超、患者数は依然多く

12/8 16:16
 厚生労働省

 厚生労働省は8日、全国約5千の定点医療機関が11月27日〜12月3日に報告したインフルエンザ患者数は13万2117人で、1医療機関当たり26・72人だったと発表した。前週比0・94倍で3週間ぶりに減少したが、例年の同時期と比べて極めて患者数が多い状況が続いている。

 国立感染症研究所によると、全国の推計患者数は約91万人だった。

 厚労省によると、都道府県別で1医療機関当たりの患者数が多かったのは北海道50・49人、宮城42・66人、福岡40・13人。少なかったのは沖縄8・17人、秋田13・79人、東京15・08人。17道県で警報レベルとされる30人を上回った。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 厚生労働省
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]