入院食の患者負担30円上げ 物価高、24年にも

12/8 18:36
 厚生労働省

 厚生労働省は8日、医療機関の入院患者が自己負担する食事代について、国が定める1食当たり原則460円を、30円増の490円とする方針を決めた。物価高騰で仕入れ費用が増えていることに対応する。早ければ2024年6月に引き上げる。同日の社会保障審議会の部会で提案し、了承された。

 現行制度では、医療機関は入院患者の自己負担460円に、公的医療保険からの給付180円を加えた計640円で食材費を賄っている。詳しい引き上げ時期は今月中に決める見通し。引き上げまでの間も物価高に対応するため、医療機関に対し1食20円相当を交付金などで支給する。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 厚生労働省
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]