「ひずみ計」を九州に初設置 大分・佐伯、巨大地震発生予測へ

2/18 19:33
 大分県佐伯市で行われた「ひずみ計」の埋設作業=18日午後

 産業技術総合研究所(産総研)は18日、南海トラフ巨大地震の前兆と関連性が指摘されている、プレートがゆっくり滑るようにずれ動く現象を把握する観測機器「ひずみ計」を大分県佐伯市に設置した。東海から四国を中心に設置しているが、九州地方では初。九州沖・日向灘周辺でも観測体制を強化する必要があると判断した。宮崎県内での設置も予定している。

 ひずみ計は地下岩盤の微弱な伸縮を高感度で観測できる機器で、気象庁や産総研などが全国に計39カ所設置し、地震予測・研究に役立てている。

 佐伯市蒲江の海沿いにある旧小学校跡地で18日、深さ約550メートルまで掘った穴に装置を埋設した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 大分県佐伯市で行われた「ひずみ計」の埋設作業=18日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]