新型コロナ、公費支援3月で終了 24年度から通常医療体制に移行

2/20 18:38
 新型コロナ医療支援のイメージ

 政府は、新型コロナウイルスの治療や医療提供体制に関する公費支援を3月末で終了し、近く自治体に通知する方針を固めた。20日、政府関係者が明らかにした。高額な治療薬代は、医療費の窓口負担割合に応じて1〜3割の自己負担を求め、最大1万円の入院費補助も終了。4月から通常の医療体制に移行する。

 公費支援は、感染症法上の位置付けが5類に移行後、段階的に縮小された。治療薬代は現在、3割負担の人は1回の治療当たり9千円で定額。塩野義製薬(大阪)の抗ウイルス薬「ゾコーバ」は5日分の薬価が現在5万2千円ほどで、4月以降、3割負担の人は1万5千円超の支払いが求められる見通し。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 新型コロナ医療支援のイメージ
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]