北角さん「政治犯に過酷な尋問」 日本で活動継続

5/16 17:42
 隔離先の千葉県成田市のホテルからオンラインで取材に応じる北角裕樹さん=15日

 クーデターが起きたミャンマーで逮捕され、26日ぶりに解放されて帰国したフリージャーナリスト北角裕樹さん(45)が16日までに、共同通信のオンラインのインタビューに応じた。収監先だった刑務所には、過酷な尋問を受けた多くの政治犯がいたと説明。投獄中の人たちに「現地で何が起きているか伝えてくれ」と訴えられたとし、日本でミャンマーの民主主義を取り戻す活動を続けていきたいと語った。

 北角さん自身は取り調べを7、8回受け「暴力はなかったが、身に覚えのない内容の調書への署名を拒むと机を強くたたかれ、恐怖を感じた」と説明した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 隔離先の千葉県成田市のホテルからオンラインで取材に応じる北角裕樹さん=15日
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]