中国「ソロモン支える」 外相会談、安保で影響拡大

5/27 00:07
 共同記者会見する中国の王毅国務委員兼外相(左)とソロモン諸島のマネレ外務・貿易相=26日、ホニアラ(AP=共同)

 【北京、シドニー共同】中国外務省によると、王毅国務委員兼外相は26日、太平洋島しょ国の歴訪を開始した。南太平洋の島国ソロモン諸島でマネレ外務・貿易相と会談し、安全保障面でソロモン諸島を「断固支える」と強調した。地域で影響力を拡大する構えだ。

 王氏は「中国はソロモン諸島が国家の主権、安全、領土を守ることを断固支える」と述べた。中国はソロモンと安全保障協定を4月に締結。内容は明らかになっていないが、中国艦艇の寄港や軍隊、警察の派遣を認めるものとみられている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 共同記者会見する中国の王毅国務委員兼外相(左)とソロモン諸島のマネレ外務・貿易相=26日、ホニアラ(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]