米、身元確認なく小学校侵入か 乱射容疑者、1時間滞在

5/27 10:36
 乱射事件の犠牲者を悼む人たち=26日、米テキサス州ユバルディ(AP=共同)

 【ユバルディ共同】米テキサス州ユバルディの小学校で21人が殺害された銃乱射事件で、死亡したサルバドール・ラモス容疑者(18)は、学校関係者に身元や所持品を確かめられることなく敷地内に侵入し、校舎のドアも施錠されていなかったとみられることが分かった。州治安当局幹部が26日記者会見して明らかにした。

 容疑者は24日午前11時40分に小学校に侵入、4分後に警察官らが到着した。国境警備隊や特殊チームが現場に入り容疑者を射殺したのは、それから「約1時間後」だった。一部の遺族らは当局が迅速に動かなかったと不信感を示しており、事件当時の対応が焦点の一つに浮上している。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 乱射事件の犠牲者を悼む人たち=26日、米テキサス州ユバルディ(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]