中国、再び処理水放出批判 NPT、3委員会討議開始

8/9 06:18

 【ニューヨーク共同】ニューヨークで開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討会議は8日、核不拡散と原子力の平和利用をそれぞれ扱う二つの委員会の初会合を開いた。平和利用の委員会では、中国が全体会合に引き続き、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出計画を批判した。

 核軍縮を扱う委員会は4日に討議を開始。NPT再検討会議はこれら主要3委員会の議論を踏まえて26日の閉幕までに最終文書の採択を目指す。中国代表は「自国の利益のために国際社会にリスクを転嫁し、無責任で非倫理的だ」として処理水放出計画を進める日本を非難。周辺国の懸念を考慮して他の選択肢を検討するよう求めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]