訪台中止なら、あしき前例に 米議員、対中で日米韓連携強化を

8/12 15:40
 マーク・タカノ米下院議員(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】ペロシ米下院議長の台湾訪問に同行したマーク・タカノ下院議員が11日、共同通信の電話インタビューに応じた。中国が猛反発する中で訪台し情勢が緊迫化したとの批判について「中止すれば『訪台できるどうかは中国の感情次第』になる」と述べ、あしき前例になるのを避けたと反論。対中抑止へ日米韓の連携強化が急務だとして日韓に関係改善を促した。

 日系3世のタカノ氏はペロシ氏と同じく民主党所属。下院退役軍人委員長の要職を務め、昨年11月にも超党派の米議員団の一員として訪台した。日米交流にも積極的に取り組み、政権与党の有力議員としてバイデン政権を支えている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 マーク・タカノ米下院議員(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]