北朝鮮が巡航ミサイル発射 黄海へ2発、米韓をけん制

8/17 20:28

 【ソウル共同】北朝鮮は17日午前(日本時間同)、中部の平安南道温泉から黄海へ向けて巡航ミサイル2発を発射した。韓国軍関係者が明らかにした。米韓当局は飛行距離など詳細を分析している。16日から軍事演習を始めた米韓をけん制する狙いとみられる。

 巡航ミサイル発射は今年1月以来。弾道ミサイルの発射も6月上旬を最後に確認されていないが、米韓演習の規模拡大に対抗し、今後発射を活発化させる恐れがある。

 韓国大統領府によると、金聖翰国家安保室長らは17日午前9時、巡航ミサイル発射に関し、軍合同参謀本部の報告を受ける会議を開いた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]