米韓演習、陸空軍も投入 北朝鮮ミサイルに警戒続く

9/26 19:16
 26日、米韓両海軍の合同演習に向け、韓国・釜山を出港する米原子力空母ロナルド・レーガン(聯合=共同)

 【ソウル共同】米韓海軍は26日、約5年ぶりに日本海での大規模演習を開始した。韓国海軍は、米国の原子力空母ロナルド・レーガン以外にも両国軍のイージス艦や駆逐艦などが参加すると明らかにした。韓国空軍のF15戦闘機、米陸軍のアパッチ攻撃型ヘリコプターも投入され、作戦遂行能力の向上を図る。

 演習は、北朝鮮が25日朝に弾道ミサイルを日本海へ発射した直後の開始となった。韓国大統領府は、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射を準備する兆候を捉えたと24日に発表しており、軍当局は警戒を続けている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 26日、米韓両海軍の合同演習に向け、韓国・釜山を出港する米原子力空母ロナルド・レーガン(聯合=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]