国連総長が核廃絶訴え 被爆者の声「より力強く」

9/27 04:57

 【ニューヨーク共同】国連が「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」と定める26日、国連本部で核なき世界を目指す高官級会合が開かれた。グテレス事務総長は8月の広島訪問に触れ「年々、被爆者は少なくなっているが、その声は力強さを増している」と述べ、核リスクが顕在化する中で核廃絶の必要性が高まっていると訴えた。

 ロシアはウクライナ侵攻で核使用を示唆しており、グテレス氏は「核で脅迫する時代は終わりにしなければならない」と強調。8月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議がロシアの反対で決裂したことに対し「失望したが、あきらめない」とした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]