ロシアLGBT宣伝禁止法が発効 大統領が署名

12/6 01:35

 タス通信などは5日、ロシアのプーチン大統領がLGBTら性的少数者や非伝統的な性的指向に関する情報拡散や「宣伝」、デモ行為などを禁じる法律に署名したと報じた。これにより法律が発効した。

 LGBTや小児性愛の「宣伝」、未成年に性転換をそそのかすような情報をメディアやインターネット、書籍などで拡散することを禁止。違反した場合は最大で1千万ルーブル(約2160万円)の罰金が科せられ、外国人は国外退去の可能性がある。11月24日に下院、同30日に上院を通過していた。

 ロシアでは「伝統的価値観を破壊する欧米の思想」としてLGBTのデモなどを批判する傾向が強い。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]