ニジェールへの制裁解除 西アフリカ共同体

2/25 09:30

 【ナイロビ共同】西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)は24日、昨年7月のクーデターで軍事政権が権力を掌握したニジェールに対して、ECOWAS加盟国との国境閉鎖や商取引禁止といった制裁を解除した。AP通信が伝えた。

 ニジェールは今年1月、軍政を敷く隣国マリ、ブルキナファソと共にECOWAS脱退を表明。ECOWASには融和路線を示すことで3カ国に脱退再考を促し、西アフリカ地域の安定を図りたいとの思惑がある。

 解除決定に先立ち、ECOWAS議長を務めるナイジェリアのティヌブ大統領は、軍政に早期の民政移管を厳しく求めてきたこれまでの方針を「再検討する必要がある」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]