ウクライナ兵3万1千人が死亡 ゼレンスキー大統領、初公表

2/26 05:27
 キーウ市内で記者会見するウクライナのゼレンスキー大統領=25日(共同)

 【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は25日、ロシアの侵攻によるウクライナ軍兵士の死者が約3万1千人に上ったと明らかにした。ゼレンスキー氏が自軍兵士の死者数を公表したのは初めて。ロシア軍死者はウクライナ軍の6倍とも主張した。戦争当事者の見解で、確認はされていない。

 侵攻開始から24日で2年を迎えたことを受け首都キーウで記者会見した。ウクライナ軍の負傷者や不明者の数は明らかにしなかった。

 米紙ニューヨーク・タイムズは昨年8月、複数の米当局者の推計として、ウクライナ軍の死者は約7万人、負傷者は10万〜12万人になったと報じていた。ゼレンスキー氏は会見で、ロシア軍の死傷者は約50万人で、うち死者は約18万人に上ると主張した。

 昨年6月からのウクライナの反転攻勢はロシア軍の防衛線に阻まれ、当初期待された成果は上がらなかった。ゼレンスキー氏は、情報が事前にロシア側に漏れていたとの見方を示した。同氏は、ウクライナ軍には新たな反転攻勢に向けた「明確な計画」があると強調した。詳細は明らかにしなかった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 キーウ市内で記者会見するウクライナのゼレンスキー大統領=25日(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]