フーシ派攻撃の貨物船沈没 紅海で初、肥料積載

3/2 21:46
 ガザ地区のパレスチナ人への連帯を示すイエメンのフーシ派支持者ら=1日、首都サヌア(ロイター=共同)

 【カイロ、ワシントン共同】イエメン暫定政府は2日、親イラン武装組織フーシ派が2月18日にイエメン沖で攻撃し、乗組員が退避した貨物船が沈没したと明らかにした。AP通信によると、フーシ派が紅海やアデン湾で船舶攻撃を始めてから沈没は初めて。

 貨物船はベリーズ船籍で、英国に関係すると報じられている。大量の肥料を輸送していた。米中央軍は、攻撃を受けた後に船から油が流出し、海面に油膜が広がったと明らかにしていた。

 一方、米中央軍は1日、フーシ派地域で現地時間同日、フーシ派が紅海へ向けて発射しようとしていた地対空ミサイル1発に対し攻撃したと発表した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ガザ地区のパレスチナ人への連帯を示すイエメンのフーシ派支持者ら=1日、首都サヌア(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]