2022年8月10日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

二代目バチェロレッテ・尾崎美紀“鎧を脱ぐ旅”に達成感「自信を持って参加できた」

『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2・2代目バチェロレッテの尾崎美紀 (C)ORICON NewS inc.
 Prime Videoで、7月7日(木)夜10時から配信スタートする婚活リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2(全10話/初回は第3話まで一挙配信)。『バチェラー・ジャパン』の“男女逆転版”として、独身女性が主役となり“真実の愛”を見つけるため多数の候補者から未来の結婚相手を選び抜く今作。二代目バチェロレッテに選出されたのは、尾崎美紀(※崎=たつざき)。コスメブランドと美容メディア運営を行う会社を起業し、わずか2年で年商15億円を達成した若き経営者である彼女が、この旅への参加理由や、常に自分や男性と向き合い続けた旅での心境を動画インタビューで振り返る。

【動画】過去の恋愛も語る!二代目バチェロレッテ・尾崎美紀にインタビュー

※以下、本編の内容を含みます。

■序盤は常に笑顔をキープ「最初は“良い自分”でいようと」男性たちの本気度で変化

――まずこの旅への参加理由、そして実際に参加が決まった際の心境を教えてください。

初代バチェロレッテ・福田萌子さんは芯のある、すごくかっこいい女性なのですが、私とはまた違う部分もあると思っていたので『自分だったらどんな旅ができるか』を考えていました。起業して5年ほど経ち、最初は辛いことがあっても『1人で頑張らなければ』という思いで乗り越えていく中、去年、経営をしていて落ち込むことがあり、『辛いときに側にいてくれる人がいたらどんなに支えになるだろう』と思い、結婚や恋愛に真剣に向き合いたいと思うようになりました。

――経営者となると、旅に参加される上で覚悟も必要ですよね。

もちろん参加自体は自分で決意しましたが、会社のメンバーがどう思うか、私がいなくて会社が回るのか、いろいろ考えたのですがそれでもみんなが後押ししてくれて『会社は自分たちが守るので頑張ってください』と後押ししてくれたので、安心して参加することができました。

――社員さんへの信頼があるからこそですね。参加する上で視聴者からの受け取られ方などを考えてしまう部分はあったりしますか。

やっぱり、経営者をしていると会社の評価にも関わると思っていて、最初は“良い自分”でいようというのは正直、ありました。

――旅をしていく中で、それは気にならなくなった?

旅の序盤は、見え方を気にしてしまったり、素ではあるものの男性に対して良く見られようとしてしまうことが続いていたんですが、みんなが本気で向き合ってくれるので私も本気で向き合いたいと思うようになり、最終的に見え方は考えないくらい、旅に熱中していました。

――男性陣と初対面となるレッドカーペットで心掛けていたことは?

そうですね、あそこはまだ見え方を気にしていたので、常に“笑顔”をキープしていました(笑)。あとはみなさん、はじめましての方なので第一印象は良くしようというのは心がけました。

――そんなレッドカーペットに臨まれるときの心境は。

誰が来るか一切知らなかったので緊張してほぼ覚えてないです(笑)。あの日何が起きたか覚えてないくらいずっと緊張していました。その後はみんなが話しかけてくれたり和ませてくれたおかげでちょっとずつほぐれてきた感じです。

■初代“バチェロレッテ”福田萌子からの影響「後悔のない旅に」

――尾崎さんが男性を選んでいく上で大切にしていたことはなんですか。

彼らに幸せにしてもらうのではなく、自分も幸せにしたいと思えるかは軸として思っていました。私もずっと恋愛がうまくいっていたわけではないので、いろんな経験を経て、今そう思えるようになりました。

――いろんな経験というと、どのような恋愛経験をされてきたのかが気になるのですが、これまでの恋愛で共通することがありますか。

(交際相手の)タイプはいろいろでも、仕事だったり、なにか1つのことに熱中している方は多かったです。私は仕事に対して気持ちを熱くもっているタイプなので、そういう方に惹かれて付き合うことは多かったです。

――自分を強くもってらっしゃるのですね。とはいえ、『バチェラー・ジャパン』と違い、参加する女性は尾崎さんだけ、とあって、心細さはありましたか。

気軽に誰かに相談できる状況でもない。自分で決めきる覚悟はしていたのですが、孤独との戦いでした。友達に相談したいタイミングは結構ありましたね。

――迷ったときはどのようにして自分と向き合いましたか。

なぜ迷っているかを言語化してノートに書き留めていました。変えられない外的要因に関してはどうしようもないので、自分が変えられそうなものに対してどうするか、考えるようにしていました。


――初代バチェロレッテの福田萌子さんに影響を受けた部分はありますか。

最後まで自分らしく決断された萌子さんの旅を観て、私自身も、自分で選択して、後悔のない旅にしたいと思いました。

■日本にいたら、出会わない男性もいた「新しい発見が多かった」

――旅を通して、自分のなかで恋愛観に変化はありましたか。

参加する前は、自分より仕事で成功していそうとか、顔がタイプとか、わかりやすいポイントに惹かれることが多かったのですが、この旅ではすごく内面を重視しました。私も男性のみなさんも、この旅だけに向き合っている環境なので、その人の内面だけで自分が、結婚のパートナーとして見られるか、見られないかを考えていました。

――とはいえ、内面を見極めるのも難しいですよね。

そうですね、コミュニケーションの取り方とか行動を見ながら言動が一致してるか、口先だけではないか、デートや会話をするなかでリスペクトする面があるか、その人を知るためにすごく時間を使うことを繰り返していました。

――日本だったら選ばないかも?という人もいらっしゃったり?

いるかもしれません(笑) お楽しみに。自分的にも新しい発見が多かったです。

――旅を通して、自分自身の成長は感じられていますか。

今回、旅のテーマに“鎧を脱ぐこと”を掲げていました。以前は、会社のメンバーも含め、弱いところを見せたら人が離れていってしまいそう、とか、重く感じられそう、などと思ってしまうことが続き、次第に良いところだけを見せるようになっていました。
そんな中、弱さを見せても「絶対にこの人なら受け止めてくれる」という人を見つけるために、自分を追い込みながらも孤独に打ち勝ち自信を持って旅に参加できたことで、かなりやりきったという思いはあります。
また、“伝えること”を大事にしていた旅でもあったので、日常に戻ってからも、プライベートや仕事でも感謝の気持ちを伝えることを大事にできるようになりました。


『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2
配信開始日:2022年7月7日(木)夜10時より独占配信開始
話数:全10話
製作:Amazon
(C) 2022 Warner Bros. International Television Production Limited
番組URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B09PTTNKP9
予告編URL:https://youtu.be/MR7M4kS64-c

公開:2022-06-29 07:00
更新:2022-06-29 07:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩
[PR]
[PR]
[PR]