2022年8月13日(土)
山形新聞ロゴ
[PR]

『M-1グランプリ2022』開催発表 昨年は最年長王者・錦鯉が優勝し涙【歴代王者一覧あり】

『M-1グランプリ2022』開催発表 (C)ORICON NewS inc.
 漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2022』開催記者会見が29日、都内で行われた。昨年は歴代最年長王者・錦鯉の優勝に沸いたが、今年も『M-1』王者の戦いが幕を開ける。

【動画】麒麟・川島明の例えツッコミに会場爆笑!錦鯉、オズワルド、インディアンスら人気芸人集結

 会見には昨年王者の錦鯉を筆頭に、インディアンス(田渕章裕、きむ)、オズワルド(畠中悠、伊藤俊介)、コウテイ(下田真生、九条ジョー)、真空ジェシカ(ガク、川北茂澄)、男性ブランコ(浦井のりひろ、平井まさあき)、マユリカ(阪本、中谷)、モグライダー(芝大輔、ともしげ)、ヨネダ2000(誠、愛)が集結。MCは川島明(麒麟)、ABCのヒロド歩美アナが務めた。

 会見冒頭、川島は「昨年のプレイバックを見ているだけでも、ウルッときますよね。最年長王者で、審査員が号泣、王者も号泣、『下町ロケット』みたいな状態ですごかった」と回顧。「昨年はいろんな漫才を見ることができまして、上半期全員が活躍しているのを見て、やっぱり夢があります」と声を弾ませながら、大の『M-1』ファンであるスーパーマラドーナ・武智に対して「配信を見てくれていますか?」と公開で呼びかけていた。

 同大会は、プロ・アマ・所属事務所を問わず、2人以上で結成15年以内のコンビ(2007年1月1日以降の結成)が出場可能。きょうよりエントリー受付を開始し、8月1日より1回戦がスタート。決勝戦は12月にABC・テレビ朝日系にて生放送し、優勝賞金は1000万円となっている。

■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】
2001年度 中川家【1603】
2002年度 ますだおかだ【1756】
2003年度 フットボールアワー【1906】
2004年度 アンタッチャブル【2617】
2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】
2006年度 チュートリアル【3922】
2007年度 サンドウィッチマン【4239】
2008年度 NON STYLE【4489】
2009年度 パンクブーブー【4629】
2010年度 笑い飯【4835】
2015年度 トレンディエンジェル【3472】
2016年度 銀シャリ【3503】
2017年度 とろサーモン【4094】
2018年度 霜降り明星【4640】
2019年度 ミルクボーイ【5040】
2020年度 マヂカルラブリー【5081】
2021年度 錦鯉【6017】

公開:2022-06-29 11:30
更新:2022-06-29 18:11
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩
[PR]
[PR]
[PR]