2022年8月13日(土)
山形新聞ロゴ
[PR]

南沙良×なにわ男子・大西流星、映画『この子は邪悪』物語が動き出す場面写真

映画『この子は邪悪』花(南沙良)、純(大西流星)(C)2022「この子は邪悪」製作委員会
 俳優の南沙良が主演する映画『この子は邪悪』(9月1日公開)の場面写真が解禁となった。主人公である心に傷を負った少女・花(南)が5年ぶりに目を覚ました母・繭子(桜井ユキ)に抱いた違和感を幼なじみ・純(大西流星(なにわ男子))に打ち明け、純とともに謎を解いていくことになる、物語が動き出す重要なシーンだ。

【画像】映画『この子は邪悪』どこか奇妙な家族たち

 本作は、映画『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』などを生み出した、映像企画とクリエイターの発掘プログラム『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017』の準グランプリ作品を映画化。監督・脚本を務めたのは、ドラマ『ネメシス』、映画『ノイズ』などの脚本を手がけ、「さよなら、ムッシュ」などの小説も執筆し、本作が長編3本目となる新鋭・片岡翔。

 心理療法室院長・窪司朗(玉木宏)の娘である花はかつて一家で交通事故に遭い、司朗は足に後遺症が残り、母・繭子は植物状態に、妹は顔に重度の火傷を負った。その事故で心に深い傷を抱えていた花のもとに、母の心神喪失の原因を探る高校生・純が訪れる。花は純と次第に心を通わせていくが、ある日突然、司朗が5年間の植物状態から目を覚ました母を連れて家に帰ってくる。司朗は「奇跡が起きた」と久しぶりの家族団らんを喜ぶが、花は違和感を覚える。「この人、お母さんじゃない――」。

 ほかにも、一家が事故に遭う前に乗ったメリーゴーラウンドでの幸せそうな姿、顔に火傷を負った妹・月(るな)が窓から顔を覗かせる怪しげなカット、自分の誕生日会のためにおめかしした月と司朗と繭子、呆然とした表情を浮かべる不安げな花の場面写真が公開され、いずれも不穏な空気を漂わせている。

 また、7月9日より、ティザービジュアルを使用したムビチケカードの発売が決定。特典として、キャラクターが浮かび上がるオリジナルクリアファイルが付いてくる(数量限定のため、無くなり次第終了)。
公開:2022-06-29 08:34
更新:2022-06-29 08:34
ギャラリー
[PR]
[PR]
月間やましんDVD
[PR]
[PR]
[PR]