山形新聞×PR TIMES

[山形県鶴岡市]庄内冬の新グルメ!日本海あんこうを堪能できる「あんこう鍋祭」が今年も開催!(庄内観光物産館 2月9日[金]~2月25日[日])

株式会社 庄交コーポレーション
鮟鱇の水揚げ量約32t!山形県庄内の冬の新グルメ「あんこう鍋」 を庄内観光物産館と通信販売で提供

株式会社庄交コーポレーション(所在地:山形県鶴岡市、代表取締役:國井英夫)が運営する土産物専門店「庄内観光物産館」は、2024年2月9日(金)~2月25日(日)の期間に庄内の冬の味覚「あんこう鍋」が楽しめる「あんこう鍋祭(庄内冬の鍋祭り)」を開催します。



庄内冬の鍋祭り「あんこう鍋祭」が今年も開催!

庄内観光物産館の「あんこう鍋祭」はここがイチオシ!
1.連日開催で平日でも楽しめる!
2.日本海のあんこうをより美味しく!特製タレを開発しご提供!
3.土日には”あんこうの吊るし切り実演”も開催!
4.あんこう鍋と合わせて楽しみたい!地酒飲み比べ!
5.サイドメニューが充実!

「ユネスコ 食文化創造都市」山形県鶴岡市の隠れた冬の味覚
庄内の隠れた名産品 新たな冬の味覚「あんこう鍋」とは?

さらに美味しく楽しんでもらうため「知って楽しむ 鮟鱇 企画」を実施中!

会場に行けない人も通販注文でおうちで気軽にあんこう鍋を楽しもう!



1.庄内冬の鍋祭り「あんこう鍋祭」が今年も開催!

2024年1月12日(金)から開催されている庄内観光物産館の「庄内冬の鍋祭り」。
2月9日(金)~2月25日(日)の期間中は、地元では知る人ぞ知る隠れグルメ「あんこう鍋」を提供いたします!
鮟鱇水揚げ量約32tの山形県の、この時期しか味わえない旬のあったかグルメをぜひ会場でお楽しみください!


2.庄内観光物産館の「あんこう鍋祭」はここがイチオシ!

庄内観光物産館の「あんこう鍋祭」では4つのイチオシポイントがあります!

1.連日開催で平日でも楽しめる!
庄内各地では土日単日でのイベントが開催されることが多く、参加できないことも。
庄内観光物産館のあんこう鍋祭では、予定を合わせやすいように期間中は毎日開催しております。

2.日本海のあんこうをより美味しく!特製タレを開発しご提供!
「あんこう鍋祭」で提供される特製タレは、料理長をはじめとする庄内観光物産館スタッフが、あんこう料理の本場である茨城県を訪れ、現地の味と技術を学んだ上で独自に開発しました。
庄内地方の食文化と気候に合わせたオリジナルの配合で、あんこう本来の味わいを引き立てると同時に、地元食材との調和を考えてレシピを開発し提供しています!


3.土日には”あんこうの吊るし切り実演”も開催!
開催期間中の土日には、あんこうの吊るし切り実演が行われます。
あんこう料理への理解を深めるとともに、あんこうを捌く見事な職人技をお楽しみください!
土日に開催される”あんこうの吊るし切り実演”

4.あんこう鍋と合わせて楽しみたい!地酒飲み比べ!
山形県の選りすぐりの金賞受賞酒を含む6種類の地酒を、2つの飲み比べメニューで堪能いただけます。
一つ目のセットでは、全国新酒鑑評会で金賞に輝いた「やまと桜」「三十六人衆」「白露垂珠」を取り揃え、山形の酒造りの卓越性を味わうことができます。
もう一つのセットでは、この季節だけの特別な「十水 極」「くどき上手 しぼりたて」「竹の露 初しぼり」を通して、新酒のフレッシュな味わいをお楽しみいただけます。

この機会に、あんこう鍋と山形の地酒の美味しさをお楽しみください。


5.サイドメニューが充実!
あんこうの唐揚げ、あん肝ポン酢や〆の雑炊セット等、お鍋を更に引き立てるサイドメニューが充実しています。
新鮮な素材を使える現地ならではの、逸品をお楽しみください。


<イベント特設ページ>
https://www.shoko-corpo.jp/bussan/nabematsuri?utm_source=prtimes&utm_medium=cpm&utm_campaign=event20240208_pr

3.「ユネスコ 食文化創造都市」山形県鶴岡市の隠れた冬の味覚
庄内観光物産館が所在する鶴岡市は、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の『「創造都市ネットワーク」食文化(ガストロノミー)部門』に日本で初めて認定された食文化創造都市です。

https://www.city.tsuruoka.lg.jp/shisei/sogokeikaku/syokubunka/shoku0.html

四季折々の自然の恵みを大切に味わう文化が受け継がれてきたこの地域で、長年愛されてきた郷土料理が「どんがら汁」です。

山形県庄内地域では1月上旬から2月上旬ごろに日本海でとれる脂ののった真鱈を「寒鱈(かんだら)」とよび、それを丸ごと使って作られる「どんがら汁」は冬の風物詩として親しまれてきました。

そして、庄内のこれからの新たな冬の名物鍋として期待されているのが、県内水揚げ量約32tの鮟鱇を使った「あんこう鍋」です。どちらの鍋も、極寒の時期に漁師さんが命がけで獲った食材を余すことなく食べる、寒い冬を乗り越えるための栄養満点の料理です。


■庄内の隠れた名産品 新たな冬の味覚「あんこう鍋」とは?
「東のアンコウ 西のフグ」と並び称される冬の味覚。全国的に人気なイメージですが、実は庄内では隠れた旬魚でもあるのです。冬の日本海の厳しい寒さで身が締まった鮟鱇は庄内地域の隠れた名産品です。

「あんこう鍋」は鮟鱇を丸ごと使い”七つ道具”ともいわれる味わいや食感が違う各部位を一緒に楽しむことができる料理です。タンパク質豊富な身、コラーゲンたっぷりの皮やヒレ、スープに溶け出す濃厚なあん肝まで、1つの鍋に鮟鱇の魅力がつまっています。本企画では、庄内観光物産館のプロの料理人チームによるオリジナルの味付けの「あんこう鍋」を提供いたします。

今までは地域内での流通よりも関東圏への出荷が主であったため、庄内地域の人にとって「あんこう鍋」は馴染みのうすいものでした。これからは庄内産の鮟鱇(あんこう)を新たな冬の味覚として味わってほしいという想いで、本企画での提供が実現しています。
庄内観光物産館のオリジナルレシピで作る”あんこう鍋”

4.さらに美味しく楽しんでもらうため「知って楽しむ あんこう鍋企画」を開催!
もっと鮟鱇の魅力を知ってもらうための情報発信企画を予定しています。

さばき方や、調理の仕方、美味しいアレンジの仕方等を発信予定です。
※最新情報はイベント特設ページをご覧ください。

<イベント特設ページ>
https://www.shoko-corpo.jp/bussan/nabematsuri?utm_source=prtimes&utm_medium=cpm&utm_campaign=event20240208_pr

5.会場に行けない人も通販注文でおうちで気軽にあんこう鍋を楽しもう!
庄内の冬の新グルメをご自宅にお届け!
期間限定で庄内観光物産館ECサイトにて、「あんこう鍋祭」で提供しているプロの味を再現できる「あんこう鍋セット」を発売しています!

庄内観光物産館スタッフが、あんこう料理の本場である茨城県に訪れ、現地の味と技術を学んだ上で独自に開発したオリジナルの特性タレで作る「あんこう鍋」をお楽しみください!
自宅でプロの味を再現できる”あんこう鍋セット”
プロの味を自宅でも再現できるオリジナルレシピ付き。ぜひご自宅でお試しください。

\作り方の動画もございます!/
動画リンク:https://youtube.com/shorts/ybIw8g80Wjo

=========================
<購入ページURL>
・楽天市場店
https://item.rakuten.co.jp/shonai-kankobussankan/c/0000001402/
・Yahoo店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/shonai-k-bussankan/c6e9a5bba5.html
=========================

▼▼▼「庄内冬の鍋祭り」の概要▼▼▼
・開催日時
 【寒鱈祭】2024年1月12日(金)~28日(日) 9:00~17:00(※時間帯予約制)
  ※寒鱈祭りは終了しました
 【鮟鱇祭】2023年2月9日(金)~25日(日) 9:00~17:00(※時間帯予約制)
・会場
 庄内観光物産館内イベント会場(山形県鶴岡市布目中通80−1)
・庄内観光物産館 公式サイト
https://www.shoko-corpo.jp/bussan?utm_source=prtimes&utm_medium=cpm&utm_campaign=event20240208_pr
・イベント特設ページ
https://www.shoko-corpo.jp/bussan/nabematsuri?utm_source=prtimes&utm_medium=cpm&utm_campaign=event20240208_pr

・イベントに関するお問い合わせ先
 庄内観光物産館 
 TEL:0235-25-5111
 E-mail:yoyaku@shonai-kb.co.jp
 FAX:0235-25-5112
 住所:〒997-0851 山形県鶴岡市布目中通80−1
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
2024-02-08 19:07掲載
2024-02-10 02:57更新

[PR]
[PR]