2024年2月26日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

東日本大震災から10年「あの時、県民は」

寄り添う「ぶんちゃん」取材班
あの時、県民は

 東日本大震災の発生から、来月11日で10年が経ちます。みなさんは「あの時」に何を思い、「その後」をどのように過ごしてきたのでしょうか。一人一人の経験が次の世代への大切な教えになります。
 5回シリーズの紙面企画「あの時、県民は」では、証言を集めながら震災発生時の状況を紹介してきました。「寄り添うぶんちゃん取材班」では、震災の記憶を風化させないためにも、さらに多くの経験談を募ります。寄せられた内容は、山形新聞のホームページ「やまがたニュースオンライン」の特設コーナーで紹介し、後日、紙面での掲載も考えています。

質問項目
  • (1) あの時、どこで何をしていましたか。
  • (2) 大きな揺れを感じて、何を思いましたか。
  • (3) 地震発生後に困ったことはなんですか。
  • (4) 災害への備えなど、震災後に変化はありましたか。
  • (5) 震災を経験し、どんな教訓を伝えていきたいですか。
  • (居住自治体、年齢、性別、職業)
  • (1) 自宅で、のんびりしていました。
  • (2) 孫がいたので、怪我の注意
  • (3) 別になかったけども、夜寝るとき怖くて、服を着たまま、コタツでねました。
  • (4) 水、乾電池等を用意しました
  • (5) 海の近くにいた時は、津波が来る事を予想しなくてはならないと思いました。
  • 米沢市 60代 女性 パート  
  • (1) あの時は宮城県に単身赴任をしており、白石市で前日より1泊で仕事をして当日金曜日なので帰省する予定でした。
  • (2) 最大震度7、想像をはるかに超える大きな揺れで、山形県で生まれ育った私にはいったい何が起こっているんだろうと言う思いと、とにかく早く収まって欲しいと願うばかりでした。
  • (3) 最初は家族の安否を確認するにもとにかく携帯が繋がらなかったこと。カーナビのテレビでCGのよなうな津波の映像、まさか会社の駐車場に置いてある新車で購入して1年しか経っていないマイカーが津波の餌食になったこと。帰る所がなく何日も社有車で寝泊まりし燃料を補給できないので節約しながら暖をとったこと。何日も風呂に入れなかったこと。
  • (4) 非常災害用品を揃えようと言う思いはあるが、未だにできていない。
  • (5) 先ずは家族の安全確認が一番なので、非常災害時の連絡方法や避難場所を確保し周りの人と協力しながら身の安全を守ることが大事だと思う。
  • 西川町 60代 男性 臨時員  
  • (1) 製造業工場内を歩いていた。
  • (2) 上部からの落下物等に、危険を感じ停止中のコンベアーの下に身を隠した。実際は落下物は有りませんでした。
  • (3) 停電の為に暖房器具が使えず、1台のみの芯ストーブに家族で凌ぎ寒さで眠れなかった事。
  • (4) 発電機や芯ストーブを買い揃え、また飲水も備蓄した。
  • (5) 予期出来ない災害にあわてる事無く、その場に合った避難等の身を守る事。
  • 天童市 70代 男性 無職  
  • (1) 仙台駅近くで、仕事していました。7階。エレベーターに乗る前です。エレベーターの箱がゆれていました。
  • (2) 安全の管理。
  • (3) 道路や看板など落下など。
  • (4) 今はコロナ感染に気を付けるため、マスクの予備。
  • (5) 自分の命は、自分で守る。
  • 山形市 40代 男性 運送業  
  • (1) 米沢市内のビルの4階で医療事務の研修会で学習をしていました。
  • (2) 頭、真っ白、死ぬかと。妻や子供達の事を思う。テーブルにただしがみつくだけ。エレベーターは危なくて乗れず、急いで階段を走り1階に降りました。街中も悲鳴や怒号、怖い顔などで、パニック状況でした。状況がわからず、ただ精一杯声を出し逃げるだけでした。
  • (3) 道路の信号機が止まって米沢→赤湯まで無事、車運転が出来るかどうか。電気・水道・食料品、ガソリンなどが大丈夫かなど。
  • (4) 電源を落とす。貴重品、水、医薬品、衣類の管理など。直ぐに外に出る、安全な非難ルート、場所を確認しておく。隣人と会話や協力をしあうことなど意識に変化が出ました。
  • (5) 小さな日本は地震の大国。そう思うこと。突然いきなり地震発生したら、直ぐ持参物を持って外に逃げる事。普段から地震を覚悟をしておくこと。非難時の持参物を1ヶ所にまとめて置く事。非難所ではルールを守り、助け合うことなどを子供・孫に話しをしています。
  • 南陽市 70代 男性 無職  
  • (1) 仕事の為、仙台駅前さくらの百貨店8階
  • (2) 自宅、子供達の事
  • (3) 山形に帰れない
  • (4) 水、非常食、ラジオ、乾電池等買い足し
  • (5) 災害は忘れた頃にやってくる
  • 山形市 40代 女性 会社員  
  • (1) 日帰り温泉に行ってました。
  • (2) 大浴場の湯がザップンゝと波うってただ事ではないと直感しました。
  • (3) 孫が3月5日に生まれたばかりで寒さ対策。お湯が無いこと。食料品。その他日用雑貨が無い事。
  • (4) 災害時に備えて最初は色々準備しましたが、時が経つにつれやはりだんだんと意識がうすれてしまいます。
  • (5) 災害は忘れた頃にやって来る。
  • 朝日町 60代 男性 無職  
  • (1) 看護師です。病院で患者さんを風呂に入れる介助をしてました。風呂の水がジャブンジャブンとこぼれ落ち、壁紙にヒビが入りました。廊下に出ると電気が順番にバチッ、バチッと消えて行きました。
  • (2) 「映画みたいだな」と思いました。
  • (3) 仕事では、職員の事への配慮はありませんでした。ガソリンもないし、食料品調達も難しいのに「仕事には来い。ガソリン、食料品調達は自力でどうにかしろ」と指示を受けました。ガソリンがなくなるため病棟師長が病院に掛け合い家の遠い職員は夜勤入りの時に病院に泊まりました。家族の食料品、燃料。特にガソリンが調達しづらく苦労しました。
  • (4) キャンプ用具は非常時に役に立つと思い、趣味も兼ねて充実させました。ガソリンも半分を切らないように注意してます。非常食も増やしました。地区の祭りでテントを貼るのですが、それも非常時には そういう行事をしてる地区は早くそういうテントなどの準備ができるので 地区行事はそういう備えの意味でも必要かと思うようになりました。
  • (5) 備えと、つながりの大切さでしょうか。家の崩壊はありませんでしたが、いざとなったら頼る場所があると思うと心強いです。また、我が家も受け入れる気持ちでいたいと思います。
  • 南陽市 50代 男性 看護師  
  • (1) 障害のある子の歯科通院(療育訓練センター)が終わり、上山市内を運転中でした。
  • (2) これまでに経験した事が無い揺れと長さに恐怖を覚えました。後ろに乗っている障害のある子があまりの揺れに怖がって声を上げていましたので、大丈夫だよ、大丈夫だよと声をかけるのが精一杯で頭の中は真っ白でした。
  • (3) 停電、ガソリン不足、食料品などの物流の流れが止まった事。ガソリンがなくて支援学校へ連れて行くこともできませんでした。
  • (4) 防災グッズを準備しました。反射板のストーブも。
  • (5) 誰の身にも起こり得る事である事。障害のある人が家族にいる場合、避難所へ行くのも躊躇してしまう人が多い事、もし、避難所へ行っても他の方からの心ない言葉によってそこにいられなくなり、居場所を転々としなければならなくなった方々がいる事を他県の方より聞いているので、常日頃から人権学習の機会を持つことが重要だと感じています。
  • 天童市 60代 女性 主婦  
  • (1) 職場で仕事してました。
  • (2) 建物が大きく震えたかと思ったら、立っていられない、振り回されるような揺れで、同僚としがみつき合いながら、やっとで外に出ました。電柱や電線が見たこともない揺れ方をしていて、地震は何度も経験しているのに、地震だとは思えず、何が起きているのかと、不思議な感覚でした。
  • (3) オール電化に住んでいるので、電気が全く無く、とても困りました。食卓で使うようのガスコンロや反射板ストーブなどを小屋から出してきたり、冷蔵庫のものを雪に埋めたり。
  • (4) 食料、水、飲み物など、少し多めに買っておくようになりました。
  • (5) 身の回りに興味をもって過ごすこと。住んでいる家、土地、近所。家の中の家具や壁や窓、職場の避難ルートや、業務中の緊急停止など。テレビでもたくさん特集してくれているので、それをもとに、想像、シュミレーションして、実際にして見ることが大切。備えるんじゃなく、その時の練習がてら、被災ごっことして不定期で家族でしてみると良いと思います。
  • 村山市 40代 準社員  
10件ずつ表示→[1] [2] [3] [4] [5] [6]
[PR]
山形百彩
[PR]
[PR]
[PR]