2024年2月26日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

東日本大震災から10年「あの時、県民は」

寄り添う「ぶんちゃん」取材班
あの時、県民は

 東日本大震災の発生から、来月11日で10年が経ちます。みなさんは「あの時」に何を思い、「その後」をどのように過ごしてきたのでしょうか。一人一人の経験が次の世代への大切な教えになります。
 5回シリーズの紙面企画「あの時、県民は」では、証言を集めながら震災発生時の状況を紹介してきました。「寄り添うぶんちゃん取材班」では、震災の記憶を風化させないためにも、さらに多くの経験談を募ります。寄せられた内容は、山形新聞のホームページ「やまがたニュースオンライン」の特設コーナーで紹介し、後日、紙面での掲載も考えています。

質問項目
  • (1) あの時、どこで何をしていましたか。
  • (2) 大きな揺れを感じて、何を思いましたか。
  • (3) 地震発生後に困ったことはなんですか。
  • (4) 災害への備えなど、震災後に変化はありましたか。
  • (5) 震災を経験し、どんな教訓を伝えていきたいですか。
  • (居住自治体、年齢、性別、職業)
  • (1) 実家で留守番
  • (2) 地球がなのがなたんだがはーって叫んだ
  • (3) 揺れへの不安。石油関係の不足
  • (4) 車のガソリンは半分減ったら給油する。オール電化中山ためカセットボンベ対応のガスストーブの備え
  • (5) その時になるといろいろな知恵はでるものです。経験を忘れない
  • 河北町 50代 女性 サービス業  
  • (1) 友人の家にいました
  • (2) 被災地はどのくらい揺れたのか父は大丈夫なのかと心配になりました
  • (3) ライフラインの寸断
  • (4) 地震発生時には家族全員で1箇所に集まる
  • (5) 当時父は仙台空港に向かっていました。そんな時に地震が発生して母が早期に連絡し父は津波に飲まれずに生き残りました。今は家族全員でいい生活をしています
  • 山形市 10代 男性 学生  
  • (1) 仙台のホテルで東北大学の研究発表会に参加しておりました。
  • (2) 今迄経験した事のない長い時間の大きな揺れの中、ホテルの4階ホールが崩れ落ちるのではと恐怖を感じてました。
  • (3) 停電によりホテルの立体駐車場に入れてた車が出せない状態となり、併せて携帯電話も全く繋がらなく会社はもとより家族との連絡も取れず不安のドン底に陥りました。
  • (4) 震災の経験より心掛け実施している事。出先での駐車場は平地にする。携帯電話の補助バッテリーは常に携帯する。車のガソリンはこまめに満タンにしておく。家には非常用の電源を備え小型のソーラーパネルで常に満充電状態にしている。飲料水は常に確保しておく。ある程度の現金は常に持ち歩いている。仙台の避難所で一夜をあかした翌日、停電の中コンビニも色んなお店も、カードではなく現金での展開であった。
  • (5) 究極の非常時に置かれると、人は理屈抜きに協力的になる。仙台駅近くの避難所となった小学校の体育館で一夜を過ごす事となったが殆どの方が駅にたむろしていた県外の人達で、皆が不安な状態である中、持ち合わせていたわずかばかりの食料やお菓子を周りの人達に分け合っている姿に心温まり涙が出そうになりました。平常時にはとかく自分中心になりがちですが、人間本来の持ち合わせた良心は異常時にこそ現れるものと実感しました。平常時がいかにありがたく幸せな事かを異常時に見つめ認識する努力が必要であり、その為には自分に直接影響の無い事象であっても、新聞記事等のメディア情報を自分に置き換えて考えられる人間性を構築する事であると伝えたいです。
  • 山形市 70歳 男性 会社員  
  • (1) 山形市ビッグウィングで研修会に参加していました。
  • (2) かなり大きな地震だなと思い  ながら外へ避難しました。
  • (3) 地震発生直後に困ったことは、停電したことです。自宅に反射式石油ストーブがなかったので暖をとることができず、夜は寒くて眠れませんでした。電気が通るまでお風呂にも入れませんでした。それから数日後に困ったことは、車のガソリンです。通勤や会社の車両に給油するために、スタンドに並びました。お一人様10㍑まで。会社も当分の間、交代で出勤になりました。
  • (4) 防災への意識が高まりました。消防団に所属しています。災害に備え日頃の訓練や活動を頑張るようになりました。消防団も地域の安全安心を守っている組織のひとつと思うようになりました。
  • (5) 地震はいつ起こるか分かりません。地震は、一瞬で大切な命、大事な家族、財産、幸せ...を奪ってしまいます。私達は、そのリスクを減らすことしかできません。防災グッズ、水、食糧を備えておくこと。家具を固定する。身の回りが安全かどうか。どこに避難するか。地域の防災訓練に参加する。防災に関する講演会で学ぶ。こうした防災への日頃の取り組みが、命を守ることになります。これを伝えていきたいと思います。
  • 東根市 40代 男性 会社員  
  • (1) 職場で仕事中でした。
  • (2) 子供が小学生だった為放課後で1人で自宅に居てどうしてるだろうかと考えました。
  • (3) 直後は停電で暖房が使えない、少したつとガソリンや灯油が買えないことが困りました。
  • (4) 公営のアパート居住の為水を組み上げるポンプが停電で動かなくなり水道が使えなくなった事から水は雑用、飲用どちらもいつも保管する様になりました。車で使える携帯の充電コード購入しました。
  • (5) いつどこで何かあるかわかりません。備える事が必要です。
  • 酒田市 50代 女性 会社員  
  • (1) 会社で仕事
  • (2) 家族、親戚の安否
  • (3) 停電、ガソリン
  • (4) 発電機の購入、ガソリンの備蓄
  • (5) 何事も備えが大事!
  • 長井市 40代 男性 会社員  
  • (1) 自宅で衣類整理していました
  • (2) ただ怖くてなにも考えられなかったです
  • (3) 電気が止まったのとトイレが流れなくなったのがすごく困りました。
  • (4) 保存食、飲料水、懐中電灯を常備するようになりました。
  • (5) 当たり前すぎて確認し忘れるかもしれない、避難経路や避難所を必ずチェックしていくことが大切だということです。津波の被害があった地域で、正しい避難をして助かった人たちも大勢いるからです。
  • 新庄市 17歳 女性 高校生  
  • (1) 会社で仕事をしていた
  • (2) 職場にて大きな台車に製品を積んでいた。大事な製品が落ちないようにしなければ!と体全体で必死に押さえていました。エレベーターに乗ってなくてよかったと思いました。幼稚園、小学校にいる子ども達は、大丈夫?!と、とても心配しました。あの状況のなか幼稚園バスで家まで子どもたちを送ってくださって本当に感謝です。
  • (3) 山形市内で電気の復旧が1番遅かった。石油ストーブ2台も持っていて、ガスも都市ガスではない実家で過ごしていましたので不自由さはあまり感じませんでした。会社の食堂が使えなくなって、お弁当というかおにぎりを持って行く毎日が続いたこと。
  • (4) 卓上ガスコンロ、カセットコンロを購入。ガソリンは前よりこまめに満タンに。
  • (5) 携帯は貴重な情報源なので電源確保できるよう準備しておく。電気がなくても二、三日は過ごせる備えをしておく。。。
  • 山形市 40代 女性 会社員  
  • (1) 病棟(職場)で、仕事中でした。
  • (2) 家にいる家族は、大丈夫だろうか?また、患者さんは、不安にならないか?と思いました。
  • (3) 停電と信号機が機能しなくなったこと。また、ガスも止まったこと。
  • (4) 飲料水の確保、2.3日分の食糧の確保、炭を用意している。
  • (5) 避難指示が発令されたら、すぐに避難する。寝室の寝る場所には、タンスなど大きな家具は、置かない。通帳、金銭をまとめておく。
  • 酒田市 60代 女性 看護師  
  • (1) 某食品会社で出荷業務をしていたので、冷蔵庫内で作業中でした。
  • (2) 自分が体調悪くてフラついてるのかと思ったが、積んでいた箱が尋常じゃないほど大きく揺れていたので、ただごとではないと感じた。家や家族は大丈夫か考えた。
  • (3) ガソリンは困りました!朝4時起きして並んで給油しました。
  • (4) ベッドの近くに懐中電灯とスリッパは置くようになった。
  • (5) 地震は突然やってきます。常日頃から家族間で地震の時の行動と安否確認のルールを決めておくのも大事だと思います。
  • 鶴岡市 40代 男性 会社員  
10件ずつ表示→[1] [2] [3] [4] [5] [6]
[PR]
住宅展示場
[PR]
[PR]
[PR]