2024年2月26日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

東日本大震災から10年「あの時、県民は」

寄り添う「ぶんちゃん」取材班
あの時、県民は

 東日本大震災の発生から、来月11日で10年が経ちます。みなさんは「あの時」に何を思い、「その後」をどのように過ごしてきたのでしょうか。一人一人の経験が次の世代への大切な教えになります。
 5回シリーズの紙面企画「あの時、県民は」では、証言を集めながら震災発生時の状況を紹介してきました。「寄り添うぶんちゃん取材班」では、震災の記憶を風化させないためにも、さらに多くの経験談を募ります。寄せられた内容は、山形新聞のホームページ「やまがたニュースオンライン」の特設コーナーで紹介し、後日、紙面での掲載も考えています。

質問項目
  • (1) あの時、どこで何をしていましたか。
  • (2) 大きな揺れを感じて、何を思いましたか。
  • (3) 地震発生後に困ったことはなんですか。
  • (4) 災害への備えなど、震災後に変化はありましたか。
  • (5) 震災を経験し、どんな教訓を伝えていきたいですか。
  • (居住自治体、年齢、性別、職業)
  • (1) 地元のスーパーで買い物をしていました。
  • (2) ちょうどその頃、息子がお腹の中にいたので、立ちくらみをおこしたの?と思いました。
  • (3) 私の嫁ぎ先の家はオール電化の為、電化製品が使えず、困りました。
  • (4) 旦那が家庭用の発電機を買いました。カセットコンロのガスの在庫は必要ですね。
  • (5) ちょうど、震災の時に息子がお腹の中にいたので、病院に行くにも困りました。実家の父親と祖母が認知症、実家の母が高次機能障害でした。震災のテレビを見てもスーパーには在庫があるだろう 買い物に連れて行け と言って聞く耳を持たない状態でした。実家の両親と祖母は理解しようする能力がなくて、がっかりしました。
  • 東置賜郡川西町 40代 女性 自営手伝い  
  • (1) 週末で連日に予約が入っていて仕込み作業していました。3日分の予約で大量に仕入れしていたが停電と共に全ての予約がキャンセルになりました。
  • (2) 発生時は店内にいましたがあまりの揺れに皆で外に出たら電柱や建物が大きく歪み尋常ではないと感じた。
  • (3) 停電になりましたがガスは使えたので調理は出来た。幸いに電源の不要な石油ストーブがあったので暖はとれました。
  • (4) 食料品関係の仕事をしていたので食料には不自由しませんでした。
  • (5) 情報も少ない中、被災地に支援に向かおうと準備したんですが自家用車は全て軽油なんですが長蛇のガソリンを求める列に並ぶのはおかしいと思い別ルートで軽油を補充して被災地に物資を届けた。被災地の隣県なのに皆明日は我が身でスタンドに並んでいたんでしょうね。私が感じたことは内陸の情報と被災地の状況が大きく報道と違い情報の発信に疑問を感じました。
  • 舟形町 48歳 男性   
  • (1) 県内のある交番で勤務していた。
  • (2) 今まで経験したとことがない揺れのため夢でも見ている思いで、中々現実を受け入れかとが出来なかった。
  • (3) 交番近くの国道交差点の信号機が滅灯になったが一人しかいないためにどうすることも出来なかった。
  • (4) 大震災前は、このような災害は起こるまい、いや起こるはずがないと高を括っていた。今はいつでも起こるものと思っている。
  • (5) 天災は忘れた頃にやってくる。常日頃の備えが大切。2/13深夜の地震が物語っている。
  • 山形市 68歳 大学職員  
  • (1) 茨城県鹿島市に住んでいました。子供のスポ少が夕方からあったので夜ご飯のカレーを作っている途中でした。
  • (2) ものすごい揺れに怖かったです。でも、子供がちょうど学校から帰ってくる時間だったので慌てて小学校に迎えに行きました
  • (3) ガスが止まったので 夜ごはん作れなくなりました。その後、水も止まってので 給水車まで何度も水をもらいに行きました。
  • (4) 缶詰や、乾麺、パスタなどの 日持ちする食品や水などを備えておくようにしました。
  • (5) 鹿島市は 被災地でありながら一番最初に計画停電で電気が消えた街でした。あの時は余震の中での停電に怖くて寒くて震えていました。その経験をしたからこそ 電気のありがたさを見に染みて生活するようになりました。
  • 酒田市 49歳 女性 パート  
  • (1) 勤め先で仕事。
  • (2) おさまるまで慌てない。家族はどうしているか?
  • (3) 帰宅不可能。
  • (4) スマホを使うようになった。
  • (5) 関東大震災経験者の祖母、両親から、靴、風呂水、は聞いていたので、やはり、話して聞いてが重大とおもう。風化させずに、簡単大事なすぐできること(靴など)から伝えるべきかとおもう。
  • 東京都 60代 女性   
  • (1) 外で仕事
  • (2) この世の終わりと思いました。
  • (3) 停電、断水、ガスが止まったこと
  • (4) 水を買い置きした、災害に備えて備蓄するようになった
  • (5) 自分の身は自分で守る
  • 山形市 40代 女性 パート  
  • (1) 友達と大衆浴場にいました。
  • (2) 浴場のなかなので崩壊の危険を感じた。
  • (3) ガソリンの給油、水道が止まったこと
  • (4) 非常時に備えることが大切であると思った。
  • (5) 自分の命を守ることが第一である。
  • 天童市 70代 男性 無職  
  • (1) 山形市へ買い物に出ており、家内はオーバンで私はケーズデンキで別々でした。
  • (2) 大変なことだ、ッと思いながらまず「家内は無事か?自宅は?」でした。どうにも出来ず、何か落ちてこないか?上ばかり見てました。揺れが大きいのに店内私の周りは倒れるものがありませんでした。良かった、ほっ。揺れが収まったら直ぐ家内と合流して寒河江の自宅に向かいました。途中中山町地内の道路が凸凹、信号も止まっており、注意しながら恐々自宅へ、無事でした。ホッ。
  • (3) 停電で暖房無し、ペットボトルにお湯を入れ炬燵に入れ暖をとってい(い)ました。照明はローソクと懐中電灯、携帯電話で県内外の子供達と連絡を取り合っていました。子供と孫の声が力になりました。
  • (4) 炬燵は豆炭炬燵にしました。火鉢も入れました。食料も常に予備を持ってます。
  • (5) 家族と連絡がとれるのが何よりも心強いです。LINEアプリで家族のネットワークをとっています。
  • 寒河江市 70代 男性 無職  
  • (1) 小学校で国語の授業を受けていた
  • (2) 死が頭によぎった。小学校6年生だったので、中学校に上がる前にこのまま死んでしまうのではという恐怖でいっぱいだった。
  • (3) 停電、寒かったこと
  • (4) 食料、水の備蓄
  • (5) もし、今地震がきたらどうすべきか?きた時のために何が必要か?常日頃からそういう考えを持って、行動することが大切である。
  • 東根市 20代 女性 学生  
  • (1) 当日、酒田郵便局に職員研修会指導で出張中でした。
  • (2) パニック状態でした。これから先どうなるのかと不安になりました。
  • (3) 車のガソリンがなくなったこと。オール電化の家なので、電気停電で何も出来なく、食事も暖房もなく大変でした。
  • (4) 防犯グッズを揃えました
  • (5) 逃げる準備と備えや地震来た時あわてないこと
  • 寒河江市 74歳 男性 再任用職員(当時)  
10件ずつ表示→[1] [2] [3] [4] [5] [6]
[PR]
住宅展示場
[PR]
[PR]
[PR]