2024年2月26日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

東日本大震災から10年「あの時、県民は」

寄り添う「ぶんちゃん」取材班
あの時、県民は

 東日本大震災の発生から、来月11日で10年が経ちます。みなさんは「あの時」に何を思い、「その後」をどのように過ごしてきたのでしょうか。一人一人の経験が次の世代への大切な教えになります。
 5回シリーズの紙面企画「あの時、県民は」では、証言を集めながら震災発生時の状況を紹介してきました。「寄り添うぶんちゃん取材班」では、震災の記憶を風化させないためにも、さらに多くの経験談を募ります。寄せられた内容は、山形新聞のホームページ「やまがたニュースオンライン」の特設コーナーで紹介し、後日、紙面での掲載も考えています。

質問項目
  • (1) あの時、どこで何をしていましたか。
  • (2) 大きな揺れを感じて、何を思いましたか。
  • (3) 地震発生後に困ったことはなんですか。
  • (4) 災害への備えなど、震災後に変化はありましたか。
  • (5) 震災を経験し、どんな教訓を伝えていきたいですか。
  • (居住自治体、年齢、性別、職業)
  • (1) 病院のベッドの上
  • (2) 大変な事が起こった。自宅は大丈夫か?家族は大丈夫か?
  • (3) 携帯がつながらない。
  • (4) 新築した時にソーラー発電を設置した。ポータブル蓄電池を備えた。
  • 天童市 50代 男性 公務員  
  • (1) 勤務先の工場で仕事中
  • (2) 建物が倒壊するのではないか、身の危険を感じた
  • (3) 自家用車への給油が出来なかった
  • (4) 飲料水を備蓄、風呂の水ははったままにしている
  • (5) 命を守る行動を最優先にする
  • 鶴岡市 40代 女性 パート  
  • (1) 尾花沢市で仕事中
  • (2) 比較的震度が低い尾花沢でこれ程の大きな揺れを感じるのはただ事ではない!と思った。すぐさま職場では、宮城沖が震源と確信し、仙台港で働く家族に津波から逃げろと電話する人もいた。私は仕事を中断し、保育園に子どもを迎えに行った。
  • (3) 停電とガソリンスタンドに並ぶ列またテレビ等の情報が途絶えたこと。
  • (4) 以前よりは備えているが、それでも心配。
  • (5) 自分の命、自分の家族を守るということ。
  • 尾花沢市 50代 女性 市議会議員  
  • (1) 震災当時は住宅工事してる最中でグラグラしたので最初は立ちくらみかと思いました
  • (2) この先どうなるの?もっと酷く揺れたらヤバいんじゃない?これが正直な気持ちでした
  • (3) 停電、断水、帰宅途中の道路は大混雑。気持ち的にも不安が次第に強くなりました
  • (4) 家族会議して万が一の避難場所の集合場所を決めました
  • (5) 人は一人では生きていけない。「助ける、助けられる」困った時はお互いに協力しあう力が必要だなと改めて思いました
  • 山形市 48歳 男性 会社員  
  • (1) 仕事が一段落して、酒田市で移動中
  • (2) いつもより『揺れが大きい』
  • (3) 『停電』が1日、続いた為に『家電』が使えなかった
  • (4) 『災害用の非常食』などを備蓄しなきゃ…と思うようになった
  • (5) 『太陽光パネル』など『自然エネルギー』を家に付けるべきか考えるようになった
  • 酒田市 40代 男性 自営業  
  • (1) 朝日町あさひ会の放課後児童クラブ「りんごっこ」で、児童15名の学習指導援助をしていた。
  • (2) 先ずは、児童の命を守ろうと一番頑丈な机の下で体を伏せ、身の保護にあたった。生まれて初めての大きな地震の揺れで、このまま死ぬのかと思った。この揺れが、いつまで続くのかの不安と、先ずは家族を夫に任せ、職務を全うしたいという自分を優先してくれた家族への大きな感謝。
  • (3) 上司の保育士が、休みであったので、役場からの支援を求めた。直ぐに避難所の朝日町創遊館に、児童を引率して待機していた。しかし不安な町民の大勢が不安で、ごった返しの状態であった。あさひ保育園に移動し、携帯電話のメールを頼りに保護者に待機場所を伝えお迎えを待つ。停電と寒さで、毛布にくるまり寄り添い皆で体を温め合った。児童の不安を取り除こうと、しりとりをして保護者のお迎えをまった。夕方の7時に全児童を、保護者の基へ引き渡せた後、自宅に戻り家族の安否が取れ安心できた。停電が丸二日続いたので、夜間は、ロウソクのかすかな灯で卓上ガスコンロで温めたひっぱりうどんが体を温めてくれた。隣の町の老人ホームにお世話になっている、両親の安否を気遣うのにも、ガソリンがなく自転車で面会に行った。ガソリンを求め、スタンドに並び、車中泊も経験した。スーパーでも、うどんカップ麺などがすべて売り切れであった。千葉の兄が、ガソリンを千葉から運んでくれた。
  • (4) 常に、車のガソリンを十分に給油しておく。乾パンやアルファ米との備蓄をしておく。飲み物のストック食料の備蓄。避難時のビニール袋だけで調理できる避難食調理法の習得。ハザードマップの熟知
  • (5) 常に、家族全員の安否が確認できるようにしておく。災害時の避難リュック(懐中電灯・ラジオ・飲料・食料など)を常備しておく。避難食のストック。ガソリンはいつも充分に。ハザードマップの確認。携帯ニュースアプリのダウンロード。
  • 朝日町 62歳 女性 自営業  
10件ずつ表示→[1] [2] [3] [4] [5] [6]
[PR]
月間やましんDVD
[PR]
[PR]
[PR]